車のメンテナンス

車の購入後、メンテナンスやアフターサービスを、どの様に行なってくれるのか、ちゃんと訊いておきましょう。

車は定期的なメンテナンスで、寿命は格段に伸びます。

その購入した販売店ではどの様なサービスがあり、金額はどの程度かなども、予め訊いておくことをオススメします。

購入後のメンテナンスについては、どの販売会社で購入しても大差ありません。

新車1ヶ月点検、6ヶ月点検、12ヶ月点検、その後は半年ごとの点検となり、3年目に初の車検を受けることとなります。

それ以降は2年ごとの車検となるのです。

大概の場合1ヶ月点検と初回6ヶ月点検は無料になっているようです。

タイヤの空気圧、電気まわり、水回り、オイルといった程度の点検ですが、この定期点検を行うことで車は快適に走ります。

またオイルも5000キロごとに変えると調子は上向きます。

空気圧のチェックも大切ですから、ガソリンスタンドで声をかけられれば、チェックしておきましょう。

また高速道路走行前や大人数が乗った後などは、チェックを忘れずに。

自分が好きな空気圧を覚えておくと便利です。

12ヶ月点検になると、足回りのチェックなどもしてもらえます。

その分費用は高くなりますが、安全に心がけるならば必ず必要です。

レクサスRX.com

メンテナンスアプリの活用

メンテナンスで一番大事なことは、車を意識するとうことです。

気にかけてあげておくのが、やはり長持ちさせることになります。

いつタイヤのーテーションをしたかな?オイルはどうだったかな?アライメントの時期かな?

こういったことを気にかけていると、車の不調にも気が付きます。

いまさまざまな車メンテナンスのアプリが登場しています。

車情報とメンテナンス情報を入力して、メンテナンス時期を教えてもらったり、燃費チェックなども出来たり、かなり楽しめます。

今一押しはソニー損保の「ドライバーズナビ」

ソニー損保ジャパン加入者でなくとも、利用出来るのがとても嬉しいアプリです。

ソニー損保加入者であれば、連絡先が自動で表示されるようです。

登録が簡単なので、ぜひお試しを。