車の維持費

購入するときの値段だけでなく、車には維持費がかかります。

車種ごとにちがってきますので、ご参考までに。

車の維持費を分類すると「自動車税」「重量税」「自賠責保険」「車検」「任意保険」「消耗部品代」「整備費」「駐車場代」「ガソリン代」といったものとなります。

・自動車税(乗用車の場合)

自動車税は1年に1回掛かってきます。

軽自動車は7200円、1500ccは34000円、2000ccは39500円、2500ccは45000円、3000ccは51000円、4300cc は76500円、4600ccは88000円です。

郵便局や銀行、コンビニなどで振り込めるようになっています。

・ 重量税

重量によって変わります。

乗用車の場合は2年の車検ごとい支払います。

・ 自賠責保険

自賠責保険は軽自動車と普通車で少々変わりますが、おおよそ同じです。

・ 車検整備

排気量に比例して値段が変わってきます。

基本的には排気量が小さい車のほうが安く、10円程度、大きな車で15万円前後が相場でしょう。

しかし交換部品が出れば、それが別箇に掛かってきますので、古い車ほどお高くなる傾向があります。

ユーザー車検や車検代行を利用するとさらに安く、約半分ぐらいになります。

車買取

消耗品的維持費

・ 任意保険

任意保険に付いては損害保険会社ごとに料率も違いますし、車両保険の付帯の有無、年齢条件、車料率、等級などによっても違います。

若手に人気の車などは、事故率が高く、料率も高めになります。

税金と違って自分の必要なプランをセットアップできますし、会社を選択することで金額を抑えることもできます。

・ 消耗部品代

バッテリーやタイヤは、車種によっても違いますし、使用頻度で買い替え時期も変わります。

寒い土地、暑い土地などでも変わってきます。

・ 整備費

定期的にオイル交換、エレメント交換は行って来ましょう。

エンジンを長持ちさせますし、燃費も上がります。

オイルは5000キロごとに変えるのが、問題ないかとおもわれます。

エレメント交換はオイル交換2回のうち1回。

この他不具合が出ればその度に整備費や部品代はかかります。

新車で購入したときには、ディーラー補償などが付いていてオトクな場合もありますが、大概補償が切れた後を見計らったようにどこか不具合が出たりするので、悔しい限りです。