車購入時の値引きとは

車を購入するときに、皆が注目するのは「値引き」です。

車を購入する際の値引きの項目は大きく分けて「車両本体価格」「付属品」「諸経費」「下取り車

となります。

この4つの項目からバランスよく値引きを引き出すのが、納得出来る値引き金額に近づく事に結びつきます。

先に車購入で割と大きく左右するのが「営業マンとの相性」というお話しをしました。

営業マンの人間ですから、嫌な相手との交渉は、「個人的な感情は持ち込まない!」と決めていても、やはり大きく動いてしまいます。

この値引き交渉は、特に影響するでしょう。

また車購入は納車で終わりではありません。

末永く付き合っていく相手ですから、いくら安く買いたいと思っても、あまり品がない値引きを要求すれば、相手も「テコでも動かないぞ!」という気分になってくるものです。

相手のことを尊重して人間関係を構築していこうとすると、一発でとんでもない値引きを出してくれることもありました。

つくづく「人は心で動くものだな」と思ってしまいます。

ここをふまえて、地域やディーラーごとに値引きが違うというお話をしてみましょう。

カービュー評判.ws

値引きの違い

私の住居地は九州ですが、九州管内でもかなり値引き幅が違います。

福岡市のような需要が多く、他社競合が激しところであれば、値引きも大きくなります。

しかし少々田舎の方ともなれば、それだけ台数がはけませんから、値引きが小さくなります。

最大20万円同車種同グレードで違ったことがあり、かなり愕然としました。

また車種によっても、この県が安くてこの県が高いというものもありました。

佐賀県などはハイブリッドカーが出始めたときに、かなり需要が伸びていたという印象があります。

佐賀県と熊本県のハイブリットカー(値引きが全く無いとして言われていたにもかかわらず)、10万ほどは普通に差が出ていました。

その土地で好まれている車によっても、かなり差が出るのですね。

また〇〇系ディーラーといったものが、同じ車種を扱っていたとしても値引きの考え方の違いで差が出ます。

他の販売店でも扱われている車種を検討している場合は、他のディーラーでも見積もりは取っておきましょう。