購入時費用

1回でも欲しい車種で見積もりをとっておくと、おおよその自動車購入時の費用は書かれています。

何社か見積もりを取るうちに、値引きをする販売会社なのか、おまけで頑張る販売会社なのかが見えてきて、ちょっと面白く感じるものです。

この購入時の費用は性質上、大きく分けて3種類の費用に分かれています。

・ 自動車の本体価格と追加オプション。

・ 税金

・ 販売会社に支払う手数料。

この3つの合計金額が、実際の購入時費用となります。

雑誌などに書かれてあるものにはこの本体価格しかないものも多く、実際の金額は15万?35万ほど違ってきます。

値引きというのはこの車体価格とオプションあたりで調整し、他の税金と手数料は同じ車種で同グレードであれば大差ありません。

カーナビや足マット、窓枠のバイザーなどがオプションとなり、これは別個に買うものなのです。

nbox燃費

税金と手数料

税金には4種類あります。

・ 消費税

車体価格とオプション商品に掛かってくる税金です。

・ 自動車税

1年に1度収めるもので、自動車購入時期によって費用は変わります。

・ 重量税

車輌本体の重量に対して変わり、自動車重量税方によって定められた基準によって決まります。

・ 自動車取得税

自動車を取得するにあたり、掛かってくる税金です。

排ガス規制などの環境対策の達成基準などによって安くなることがあります。

またリサイクル費用というものがあり、自動車を配車するときに処分するための費用です。

購入時に支払うことになります。

販売会社に対して払う手数料は会社ごとに違いますので一概には言えません。

自動車を登録するための費用、車庫証明にかかる費用などは実費プラス手数料。

納車するための費用や、下取り車がある場合には査定料などが掛かってくる場合もあります。

これが販売会社によって、割とまちまちです。

とくに自動車を登録するための費用などは1万から3万ほどの違いになるのは、よくあることです。

これらの費用を合計すると15万円から35万円程度の範囲で、車体価格に加算されます。

新聞折込などの広告では、この部分も書いてくれているものも時々見かけますので、気をつけておくといいでしょう。