見積もりを取る

購入する車がだんだんと煮詰まってきたら、販売店の訪問して見積りを取りましょう。

雑誌や広告などの媒体に載っている金額は、車体本体価格のみの場合が多いはずです。

実際の購入時には、他の経費がかかり、かなり金額が変わってしまいます。

たとえば各種税金、付属品代、販売店の諸経費、リサイクル料といったものです。

これは実際に見積もりを出さなければ、わかりません。

販売会社ごとに手数料などの設定も違いますし、値引き幅も違います。

自動車の排気量や環境対策の達成基準などによって、車体価格以外に掛かってくる金額はかなり変わってきます。

大体のところ15万円から35万円ほどの中に治まるでしょう。

例えば軽自動車と1boxでは税金やリサイクル料が違いますから、おのずと差が出てくるのです。

自動車を登録するのにかかる費用やリサイクル料、税金は車の大きさや排気量によって決まっています。

法定費用ですので、どこで見積もりをしても、この部分だけは変わりません。

自分が欲しい車の目安を具体的に知るためにも、見積もりは取ってみましょう。

見積には有効期限があります。

大幅に値引きされている場合などは、返事が早めに欲しい時ですし、それよりも登録する日にちによって自動車税が変わる場合もあるのです。

新型アテンザ.biz

一回目の交渉

見積もりをもらう時が、1回目の交渉となるでしょう。

交渉は最低でも3回ほど行うことになりますから、まずは様子見ということです。

基本情報程度は雑誌やネットで収集しておくと、話がスムーズです。

交渉に入る前に展示車などの運転席に座り、ジィ主席に座り、後部座席に座り、とにかく乗り心地を体感します。

広さや視界も大切です。

近頃の車は、思わぬところに死角ができて、驚くことがあります。

乗ってみなければ解らないことです。

乗る前の印象と実際の感想が違うことが多いので、ほんとうに欲しいのかを検討してみることが大切です。

その後営業マンにカタログなどを見せてもらいながら、凡その金額を把握します。

営業マンには同等クラスの他車種(他メーカー)の車も検討していることを、明らかにしておきます。

ヴィッツならばマーチやデミオといった車が、同等クラスの車種です。

いまから他メーカーも見に行くということで、その日は販売店を後にします。

今後の交渉に、この件が効いてきます。