自動車購入の流れ

車購入の大まかな流れとしては、まず「販売店に足を運ぶ」ということでしょうか。

インターネットや雑誌などで下調べをし、興味がある車が置いてある販売店に出向いてみましょう。

カタログなどを集めてみることももちろん必要ですが、営業担当者との相性が大きく影響します。

人柄もさることながら、「さすがによく勉強してるな」「自社の車が好きなんだな」という雰囲気の人は、後々誠実な仕事をしてくれる傾向にあると思います。

この車種の検討と「どこから買うか」というのが新車購入時には、一番時間を使っていると思われます。

写真や展示してある車が気に入っても、乗り心地はまた違います。

できれば試乗会などにも出かけて、実際に乗ってみることをオススメします。

ディーラーは特に、気の長い営業をしています。

1台を買っていただくのに、何年も何年も温めるなど、ざらにあること。

早く決めないからといって、気を揉むようなことはありません。

安心して自分が納得良く車を選びましょう。

ベンツAクラス

試乗会で気をつけること

とにかくハンドリングやドラポジ、ブレーキなど、自分の乗り心地に関することは、妥協しない姿勢が大事ですが、それもクリアしてしまった車であれば、すぐに買いたくなるのが人情です。

しかしちょっとでも気になるところがあるならば、再度熟考することが大切。

高い買い物で後悔するのは、あまり気分がイイものではありませんよね。

しかし試乗会などにいくと、ついつい決断してしまいそうになります。

そこで早まらないために、以下のような気構えをしてきましょう。

・ 自分が欲しい車の要件の定義を設定しておく。

車の大きさや装備といったスペックや、自分の予算などを設定しておきましょう。

・ 決まっていない場合は様子見ということに徹する。

どんな車が欲しいのかハッキリしていないのであれば、検討材料を集めるだけのつもりで参加することです。

その場での契約は避けましょう。

一度家に帰って「なぜその車がほしいと思ったのか」再度考える必要があります。

また車に乗り慣れていないならば、それだけで良く見えるものです。

他の試乗会にも参加してみましょう。

・ その場限りの好条件に釣られないこと

試乗会は大イベントですから、とてもお得な条件を、ディーラーも用意しているものです。

「この期間限定で」などと言われれば心も動きますが、そこはグッと我慢です。

後日であっても、本当に買うときにはそれなりに納得出来る代替え条件を、営業マンは持っているものです。