自動車の登録

自動車の購入が決定し書類の記入なども終わると、自動車を登録する手続きを開始します。

「自動車を登録する」ということは、「その車を誰が所有して誰が運転するか」を陸運支局に登録するということです。(軽自動車なら軽自動車協会)

自動車代金をその場で払ったからと言って、すぐに乗って帰れるものではないのです。

登録することによって、自動車の所有者、運転者が決まり、ナンバープレートが発行されます。

ナンバープレートを発行する手続きが「登録」です。

新古車や中古車の場合、すでにナンバープレートが付いている場合があります。

だからもうこの手続きが不必要なのかというと、そうではありません。

この登録の意味は「今弦斎所有者が誰なのか」を明らかにするというものです。

ですから新古車や中古車の場合、主に「販売店」が所有者となっていることが多く、この車を取得する場合には登録の名義を変更する必要があります。

ナンバープレートに関しては、そのまま使用できます。

廃車手続き.name

自動車の登録手続き

国産自動車の新車でナンバープレートがない自動車の登録手続きを行う場合に必要な書類は以下のものとなります。

・ 申請書(OCRシート第一号または第二号様式)

・ 手数料納付書(自動車検査登録印紙及び自動車審査証紙または自動車登録印紙を貼付)

・ 完成検査修了証(発行されてから9ヶ月以内)

・ 自動車損害賠償責任保険証明書

・ 自動車検査書(持ち込み検査の場合)

・ 自動車重量税納付書

上記に加え所有者と使用者が同一の場合は以下の書類が必要です。

・ 印鑑証明(発行後3ヶ月いない)

・ 印鑑(所有者本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑。大降り人の場合は代理人記名)

・ 委任状(代理人が行う場合は実印の押印、本人直接の場合は不要)

・ 自動車保管場所証明書(1ケ月以内)

このような書類が必要となりますが、書類は販売店が用意しています。

しかしこの分の手続は、販売店の売上として換算されるものですから、自分で登録をしにいくということはできません。

委任状を渡して代行してもらいます。

あまりに煩雑なので、これはお願いしたほうがずっと楽です。

ここで代行費用を抑えることも出来ませんが、委任する価値が充分にあります。