車庫証明とは

車の所有者には、道路以外にちゃんとした保管場所を確保することが義務付けられています。

車庫証明とは、道路以外で車の保管場所を確保していることを証明するもので、正式名称を「自動車保管場所証明」とされています。

この制度の目的は、道路を自動車の保管場所としないことで道路使用の適正化を図り、道路上の危険防止、道路交通の円滑化を図ることです。

車庫証明は車の登録時に必要なものですので、販売店が代行手続きをしてくれます。

手数料は10000~30000円、自分で行えば3000円程度。

時間的に余裕があれば、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

意外と簡単です。

保管場所の条件としては

・ 道路から自動車が容易に出入りできる

・ 自動車全体が収容できる大きさである

・ 自宅から悲観場所までの距離が直線で2キロを超えない。

・ 土地の所有者がハッキリしていて、保管場所として証明する権限があること。

このようになっています。

駐車場を借りている場合などは、不動産屋さんに申し出なくてはなりません。

この時に手数料を取られるのが普通です。

車庫証明申請必要書類は

・ 自動車悲観場所証明申請書・イカン場所表彰交付申請書

・ 所在地・配置図

・ 保管場所使用承諾証明書(他人名義の土地で申請する場合)

・ 保管場所使用権限証明書(自認書)(本人名義の土地で申請する場合)

これらは車庫証明申請書類一式として、住所管轄の警察署や運輸支局で入手可能です。

地域によって無料有料あるようですが、有料であっても100円程度です。

新型フォレスター値引き

申請書類の提出と車庫証明の交付

手続書類は。保管場所にしようとする場所を管轄する警察署の交通課に提出します。

・ 自宅を保管場所とする場合は、自宅を管轄する警察署に提出。

・ 自宅と保管場所が別の市にある場合は、保管場所を管轄する警察署に提出。

申請の際は手数料をおさめなければなりません、

都道府県によって若干違いますが2100円から2300円程度です。

現金で納めるものではなく、収入印紙での納付となりますが、警察署内部か隣接している「交通安全協会」の窓口で売られています。

書類が受理されると、車庫証明書の交付日が明記された受理書が渡され、交付までは3~7日ほどかかります。

受理票は大切に保管しましょう。

交付日には受理票と認印を持って車庫証明窓口に行きます。

窓口で渡された「保管場所表彰交付申請書」をもって「安全協会窓口」で保管場所標章(ステッカー代)として500円の収入印紙を購入し納付すれば「自動車保管場所証明書(車庫証明)」「保管場所標章番号通知書」「保管場所標章(ステッカー)」が交付されます・

車庫証明の有効期限は1ヶ月です。

期間内に販売店に渡して手続きをしてもらいましょう。

保管場所標章は所定のリアガラス(左下)に貼っておきましょう。

悲観場所標章番号通知は紛失せぬよう、大切に保管しましょう。