車購入必要書類

車の購入には、様々な書類が必要となります。

予め自分で用意すべき書類もありますし、自動車の購入時に販売会社で揃えてくれるものもあります。

自動車を購入した後で必要となる書類というものもあり、なかなか煩雑です。

自分で用意する書類には、下記の書類が必要です。

・軽自動車=住民票・認印(軽自動車の車庫証明は、登録後一か月以内に申請します。)

・ 普通車(登録車)=印鑑証明・車庫証明・実印

自動車購入時に必要な書類か下記のものです。

・ 申込書

・ 委任状

下取りがある場合には

・ 譲渡証明書

・ 下取り車の車検証と自賠責保険省

・ 下取り車の所有者の印鑑証明

購入後に必要となる書類は下記の通りとなります。

軽自動車の車庫証明以外は任意のものですので、申し込まない人には不必要です。

しかし任意保険は申し込んでおくべきでしょう。

・ 任意保険の申込書

・ ロードサービスの申込書

・ 軽自動車購入の場合は車庫証明

書類には3ヶ月という有効期限があり、あまり早く取り過ぎても無駄になります。

タイミングよく揃えておきましょう。

【2013年版】新型アコード|値引き状況・購入前の質問&回答11件

必要書類の内容

必要とされる上記のようなものですが、その詳細を下記の通りとなります。

・ 住民票(軽自動車)

各市町村で取得できますが、発行後3ケ月以内のものでなくてはなりません。

・ 認印(軽自動車)

「自動車検査証記入申請書」「申請依頼書」に捺印が必要となります。

書類は販売店が用意します。

・ 印鑑証明

各市町村で取得できますが、発行後3ケ月以内のものでなくてはなりません。

・ 車庫証明

正式には「自動車保管場所証明書」と言われる書類です。

証明書の取得は販売店でも代行してもらえます。

10000円程度の手数料がかかります。

手続きとしてはごく簡単ですので、自分で行ってみるのもいいでしょう。

駐車場を不動産屋などから借りている場合は、車庫証明を取得するための別途費用がかかる場合があります。

・ 委任状

登録事務を依頼するための書類。

・譲渡証明書

販売店に用意されていますので、署名捺印を行います。

主な書類はこのようなものですが、ローンの利用がある場合などは、また若干違ってくることでしょう。

販売店が「必要書類の一覧」などを配布してくれることも多く、チェックしながら揃えてゆくと取りこぼしがありません。