車購入

自動車を購入するときの方法は様々です。

主な購入方法として「ディーラーからの購入」「モータースからの購入」もしくは「個人間での売買」が考えられます

このディーラーはよく聞くものですが、どういったものなのかご説明しましょう。

ディーラーとは、「自動車販売会社」です。

メーカーと言われる「トヨタ」「日産」「ホンダ」などは直接的な販売は行いません。

製造とプロモーションが主な業務であり、販売のほとんどはメーカーの直営の販売店が担うこととなります。

軽自動車などでは、経営権を持つ独立系の中古車販売店が新車販売を行う場合は見られます。

しかしごく小規模なものですので、このディーラーが主となって消費者に対し新車販売を行っていると考えていいでしょう。

日本では車の販売販売取引行為に対して、官公庁の検査や諸登録が必要であるような特殊な形態をとっています。

そのため家電量販店や大型スーパーのような、各種メーカーを一手に取り扱うような販売店は存在していません。

カーチス評判.com

ディーラーの特徴

各メーカーのディーラーは、自社の自動車について専門的な知識を有しています。

自社製品に関する整備にいたるまで、専門家であるのです。

修理などもディーラーであれば「修理不可能な範囲」は、かなり狭められます。

しかし自動車の購入や整備、点検などに関し「料金的に高い」という印象を持たれがちです。

これは全く根拠なく高いのではなく、「自社の製品に対して最大の責任を果たす」という信念に基づいて居る結果と考えていいでしょう。

自社の車を末永く快適に、また安全に乗ってもらうことで、消費者を囲い込んでいくということもあります。

また感情的な部分では、「自社の車で不幸になる人を作らないために万全を期す」というものもあるでしょう。

街のガソリンスタンドやカー用品店でも点検は可能です。

これらの場所を活用するとデイーラーよりも安価に行うことが出来ますが、純正部品よりも自社製品を進める傾向にあります。

そのおかげで安いという言うことはありますが、純正部品はその車に一番あった部品です。

車が一番良い状態を保てるのは、純正部品に勝るものなしということも言えるのです。

そのため「高い」と言われつつ、ディーラーに点検や修理に出す人が多いのです。

差額で「安心」を買っていると言えるでしょう。